ブログトップ

天描の世界

thetenbyou.exblog.jp

大地に根ざす四季折々の花々や草木に姿を借りて、点だけで描く「こころのかたち」を天描画と呼びます。

<   2016年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧




あけましておめでとうございます
2016年 元旦
本年もどうぞよろしくお願いします



『もう一度―唐楓』 2012年3月作画 寸松庵

この前年は東日本大震災に世界中が涙し悲しみにくれた一年でした

大切な宝物すべてを失ってなお雄々しく立ち上がった人々へ敬愛のメッセージとして

寸松庵(すんしょうあん)の小さな画に残しました。

凍りつくような寒い朝

枯れ葉は枝から放たれたように空を舞い地にたどり着く

逆光を浴びて黄金色に輝くこの葉には新たな役割が与えられたように見えたものです。

少子高齢化社会と言われる人の世にも似て。

『天描の世界展』より



天描の世界展出展作より、2016年の初頭を飾る

天描の華にはこの作品を選びました。

新しい年への願いを込めて

皆様への年賀状として贈らせていただいたものです。

今年もますます様々な出来事に出合うはずです。

揺れ動くこの時代に生きるものとして、しっかり見つめることも

忘れないようにしたいものです。

昨年の大河ドラマに数多く語られた吉田松陰の言葉の中に


「どうか 一粒の籾として 来年の春の種となれますように」


“こころのかたち” と位置付けた「天描絵画」とも相通じるものがありそうです。


この年も 変わらず “こころのかたち” を描いてまいります。



アトリエは
1月5日(火)より通常通りOPENいたします。

天描絵画塾は
毎週木・金・土の開講ですが
1月は第2週からスタートいたします。

昨年3月には
天描絵画塾作品展、10月には福岡での天描絵画展を開催いたしました。


2016年のスケジュールはまだ決まっておりません。


そろそろ自身の身体と相談しながら


少しづつ活動を進めてまいります。

【天描絵画塾 二期生募集中】
初めての方は入門科から
そして絵画経験者の方は研究科から
いつからでも入塾していただけますので
ご一報お待ちしています。
●お問合せ・お申込みは◆こちら◆から
詳しいご案内をさせていただきます。
(非公開メッセージBOXですのでご安心してお問合せください)

■■■


◎画像及び掲載記事の無断転載、転用を禁じます。





[PR]
by tenbyou-world | 2016-01-01 14:09 | 画房 母子草 | Trackback | Comments(0)