ブログトップ

天描の世界

thetenbyou.exblog.jp

大地に根ざす四季折々の花々や草木に姿を借りて、点だけで描く「こころのかたち」を天描画と呼びます。

<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧


c0084862_22262763.jpg
新作『自然からの書簡―櫨の木』
◎画像をクリックしていただければ拡大画像がごらんになれます。



【天描の世界展 京都】

c0084862_23255565.jpg
◆11月15日(土)~11月20日(木) 6日間
10:00~18:00(最終日は16:00まで)
ギャラリーBe京都1F
京都市上京区新町通上立売上る安楽小路町429-1
c0084862_22223735.jpg
●地下鉄烏丸線 今出川駅2番出口下車 徒歩5分

千年紀に染まる京都に 天描の華ひらく
京都ならではの趣のある古い町屋が今回の舞台です
紅葉の京都をおたずねの折には、ぜひお立ち寄りください。
数々の新作も展示してお待ちしております。



◆案内状ご希望の方はコメントに残してください。

◎画像及び掲載記事の無断転載、転用を禁じます。
[PR]
by tenbyou-world | 2008-09-24 23:07 | 第2回 天描の世界展 京都
c0084862_1332796.jpg

山里にゆらりゆられて―秋桜
2008年1月制作

街中では、大きな家がいつの間にか何軒もの小さな一軒家に姿を変えて
家々の隙間をぬうように駐車場が年々増え続け一変し始めた風景があります。

そして、過疎化が進む山里では休耕田のあとに『秋桜』がゆらりとゆれる。
秋晴れの日など、バスに揺られて車窓から眺める先に
赤や白、淡いピンクや濃いピンクなどなどの彩りが右左にゆれる景色を見つけると
いつの間にかこころも和み弾みます。

近くで観察していると、満面に陽の光を浴びた花から花へ
ミツバチのはたらく様が目の当たりに・・・

まるでおとぎ話のような風景がなくなる日がこないように。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【天描の世界展 京都】長谷川 雅清 第2回個展
~いま、日本が失った美しいものに、もう一度会いたい~
◆会期/2008年11月15日(土)~11月20日(木)
◆時間/午前10時~午後6時 (最終日は午後4時まで)
◆会場/ギャラリーBe京都 1F
〒602-0064 京都市上京区新町通上立売上る安楽小路町429-1
< 入場無料 >

◎画像及び掲載記事の無断転載、転用を禁じます。
[PR]
by tenbyou-world | 2008-09-01 13:46 | 天描の華