ブログトップ

天描の世界

thetenbyou.exblog.jp

大地に根ざす四季折々の花々や草木に姿を借りて、点だけで描く「こころのかたち」を天描画と呼びます。

<   2008年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

c0084862_1842366.jpg


第21回上野の森美術館 日本の自然を描く展 展覧会
上野の森美術館での
【本展】は、8月24日(日)終了しました。

【西日本展】
会 場 兵庫県立美術館 原田の森ギャラリー(旧近代美術館)
〒657-08337 神戸市灘区原田通3-8-30
会 期 平成20年9月18日(木)~9月21日(日)
時 間 10:00~18:00(21日は15:00閉館)
入館料 大人 500円(400円) 大・高生 300円(200円)中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体
前売り入館ハガキ(1枚で2名入館可、西日本展共通) 500円
内 容 関西、中国、四国、三重在住作家の入選作品を中心に展示
後 援 関西テレビ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【天描の華 京都展】長谷川 雅清 第2回個展
~いま、日本が失った美しいものに、もう一度会いたい~
◆会期/2008年11月15日(土)~11月20日(木)
◆時間/午前10時~午後6時 (最終日は午後4時まで)
◆会場/Be京都 1F
〒602-0064 京都市上京区新町通上立売上る安楽小路町429-1
< 入場無料 >

◎画像及び掲載記事の無断転載、転用を禁じます。
[PR]
by tenbyou-world | 2008-08-24 18:43 | 展覧会 | Trackback | Comments(2)
c0084862_2032385.jpg

愛のかたち―風船葛
2007年9月制作

夏から秋へ季節がゆっくりと移ろっていく最中にあって
葉を広げ、蔓を伸ばして小さな白い花が咲く。
日をおいてふと眺めるとそこには緑色の風船が
気持ちよさそうに、ふわりと揺れる。
まるで風鈴が風をうけてゆれるように
心地よい涼やかな音色が聞こえてくるように・・・。

膨らんだ実の中には愛が育まれている。
自然からの優しい心配りの、なんと見事なことか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【天描の華 京都展】長谷川 雅清 第2回個展
~いま、日本が失った美しいものに、もう一度会いたい~
◆会期/2008年11月15日(土)~11月20日(木)
◆時間/午前10時~午後6時 (最終日は午後4時まで)
◆会場/Be京都 1F
〒602-0064 京都市上京区新町通上立売上る安楽小路町429-1
< 入場無料 >

◎画像及び掲載記事の無断転載、転用を禁じます。
[PR]
by tenbyou-world | 2008-08-17 20:35 | 天描の華 | Trackback | Comments(0)
c0084862_9154935.jpg

62年目の夏―折鶴と青桐
2007年12月制作

昨2007年8月ようやくヒロシマの地に立ちました。
1945年(昭和20年)8月6日の史実を体感する旅の中で
異様な疲れを感じたことが今も思い出されます。

「75年は草木も生えない」と云われたにもかかわらず
たくましく蘇った青桐の青々と茂る今を見
千羽鶴に願いをこめた小さな命の物語に想いを馳せ
この画はこの年の暮に完成しました。
”祈り”と”平和への願い”の1作目ですが
まだまだ描ききれないもどかしさも感じています。

きっと、「描き続けなさい」ということのようです。



【天描の華 京都展】長谷川 雅清 第2回個展
~いま、日本が失った美しいものに、もう一度会いたい~
◆会期/2008年11月15日(土)~11月20日(木)
◆時間/午前10時~午後6時 (最終日は午後4時まで)
◆会場/Be京都 1F
〒602-0064 京都市上京区新町通上立売上る安楽小路町429-1
< 入場無料 >

◎画像及び掲載記事の無断転載、転用を禁じます。
[PR]
by tenbyou-world | 2008-08-06 10:35 | 天描の華 | Trackback | Comments(0)