ブログトップ

天描の世界

thetenbyou.exblog.jp

大地に根ざす四季折々の花々や草木に姿を借りて、点だけで描く「こころのかたち」を天描画と呼びます。

カテゴリ:第6回 天描の世界展 奈良( 11 )



冬から春へ

c0084862_14585431.jpg
雨あがりの初日から冷え込みが増す中で
6日間の会期中、多くの方々とめぐり会えました。
また、京都と同じようにこちらでも南天の実が真っ赤に色づき
小さな花芽をつけた馬酔木や
白い実を啄ばむ野鳥の飛び交う南京黄櫨にも出会いました。
そして今まさに満開を迎えた山茶花の花とともに
秋の名残りを惜しむように色づきをとどめる紅葉など・・・
花の少ないこの時期ですが
季節の移ろいの最中での開催もいよいよ最終日です。



日を追うごとに来場者が増え5日目の土曜日には
会場内に人があふれるほどの時間も何度かあり
また最終日も閉廊間近にも何人もの来場者で
午後4時30分まで延長してようやく終了しました。

さて回顧展記事の中で何度となく“冷え込みが厳しい”と書きましたが
もちろん奈良の冬はこんなものではありません。
まだまだこれからがほんとうの奈良が待っています。
その地に天描の華の小さな種を蒔きにやってきたのですが
今年平城遷都1300年を迎えた奈良というまちにも
全国各地で浮き彫りにされるような様々な問題や課題はあります。
それは人とて同じように思えてなりません。
大きな話題となった長寿の方の不明問題をはじめとして
家族の介護問題など、拙い政治力だけでは解決できないことは多々あります。
少なくとも人間としてのあり様こそ忘れることなく大切にしたいものです。

一つひとつをメッセージとして描きたい。
天描の世界展はこう語り伝え続けています。

“この時代に 残したいものがあります”

まだ描き足りないものばかりですが、必ず届けます。
さあ、季節はゆっくりと冬から春へ向います。



c0084862_1532250.jpg
12月19日午後6時、6個の荷物はひと足先に帰途に向います。



奈良展を終えて
翌20日は、会場でお会いした方の写真展を観るために
ならまちを出て高畑地区を散策しましたので
ほんの少しですがご紹介します。
c0084862_155351.jpg
下の禰宜道(ささやきの小径)
小さなつぼみをいっぱいつけた馬酔木の森をぬけて
c0084862_156840.jpg
志賀直哉旧居では
c0084862_156535.jpg
館長さんから丁寧な説明をいただき
c0084862_1572877.jpg
新薬師寺では赤白満開の山茶花と出会い
c0084862_1581880.jpg
入江泰吉賞受賞作品展が23日まで公開されていた
c0084862_159997.jpg
c0084862_1593863.jpg
入江泰吉記念奈良市写真美術館を訪ねました。
ここでは、個展にもお訪ねいただいた女性写真家の作品が
奨励賞として展示されていました。
人はそれぞれさまざまな個性をもって違う役割を担っています。
この方のメッセージも確かに受け取りました。

いよいよ奈良大和路ともお別れです。



第7回個展は、2011年6月16日(木)~6月21日(火)
久しぶりに地元大阪での開催が決まりました。
詳しくは新しい年のはじめにお知らせいたします。

またひとつ少しずつ線を描きはじめた小さな点が繋がり重なり合って
いつの日か大きな面を描くような
新しい出会いや再会を心待ちにしています。

今回出会えた方々とも、いつかまたどこかで
笑顔できっとお会いできますように・・・。

最後に、冷え込みの厳しい中本展にご来場いただいた皆様をはじめ
回顧展におつきあいいただきました皆様へ
重ねてお礼を申し上げます。

c0084862_15184585.jpg
まだ見ぬ2011年が皆様にとって光り輝く一年でありますようにと願いつつ・・・
よいお年をお迎えください。

< 感 謝 >



【新作ポストカードプレゼント】
申込は26日に締め切らせていただきました。
応募いただきました皆様へは昨27日最終発送いたしました。
一部の方には元旦に届かない場合もあるかと思いますが
どうぞご了承ください。
ありがとうございました。

■■■

2009年4月3日の発刊以来
清風堂書店はじめ今回の個展会場、そしてこのページからも
たくさんのみなさまのお手元ににお届けできました。
こころより感謝申し上げます。

まだ出会いのないみなさまもぜひ
一度手にとってごらんください。
そしてどこかで原画をぜひごらんいただければなによりです。

◆画集【天描の世界】は、2009年4月3日より発売中。
c0084862_1224913.jpg
◎定価3,000円(税込)A4判変型/本文64ページ(全26作品収録)/上製本
ISBN978-4-88313-531-8

お求めは、個展会場はじめ
大阪梅田の◆清風堂書店◆で発売されていますので
大阪市内はじめ近郊にお住まいの方なら、店頭でのお求めをお奨めします。

【こちらでも承り中です】
遠方の方で、ご入用の方は◆こちら◆へお申込ください。
詳しいご案内をさせていただきます。
(非公開メッセージBOXですのでご安心してお問合せください)




◎画像及び掲載記事の無断転載、転用を禁じます。
[PR]
by tenbyou-world | 2010-12-28 15:24 | 第6回 天描の世界展 奈良 | Trackback | Comments(2)


出会いは世代を超えて

c0084862_0102814.jpg
回を重ねるごとに変化してきたこともいくつかあります。
その一つが来場者の世代に偏りがなくなってきたことでしょうか。
点は線を描きはじめ、いつの日か面を創りその姿が現れます。
これこそが天描画の魅力でもあり
本展がめざすものはここにあるはずです。



c0084862_0225065.jpg
来場者には奈良県内の方が多いのですが
県外からそして地元岸和田や大阪市内からもかけつけていただきました。
もちろん関西屈指の観光地だけあって
遠く関東方面からの観光のお客さまも・・・。

c0084862_0245756.jpg
久しぶりにお会いする方もいて、まずはお元気そうでなによりでした。

初日の夕刻にはブリーフケースを持ったビジネスマンの方が
「気持ちを静めに寄らせてもらいました。ちょっと観せてください」
きっと何かあったのでしょうが・・・
「どうぞごゆっくりごらんください」
東京、札幌でも同じようなことがありました。

c0084862_0295838.jpg
ここでも、一点一点丹念にごらんになる方は多くいらっしゃいました。

こんなご婦人も来られて
「この絵を観せてもらってほんとにそうだと思いました。この歳になって初めて
一人ひとりが違うんだということがやっと分かるようになったんですよ」
楽しそうにお話しいただきました。

c0084862_0123196.jpg
札幌展以上に若い方や学生さんが数多く来場されました。
c0084862_014364.jpg
観賞される姿は真剣そのもので質問される内容は
さすがに技術的なものが多かったようですが
大学も近くにあるせいかもしれませんが
年配の方ばかりではなく徐々に世代の偏りはなくなってきたようです。

またこんな楽しいご夫妻もいらっしゃいました。
聞くと3カ月ほど前からこの画集を買って、「お手本にして描いているんですが
どうも上手くいかなくて」とご主人が言うと、
すかさず奥様が「点が荒くて比べものになりません。どうしたらいいんでしょう」
このお二人にはこうお話しました「それでいいですよ、マネする必要はありません。
描き続ければ時間が解決してくれますから」
「ああよかった、やっぱり来てみてよかったね」

大半は初めてお会いする方々ばかりですが
芳名帳に小さく「今日は素敵な絵を見せて下さってありがとうございました」と
書いていただいた方もいて、こんな嬉しいことはありません。



まだまだたくさんお伝えしたいこともありますが
誌面の都合でこのあたりにしましょうか。

いよいよ明日が回顧展も最終回となります。
もうしばらくおつきあいください。

< つづく >



【新作ポストカードプレゼント】
申込は昨26日締め切らせていただきました。
応募いただきました皆様へは本日最終発送いたします。
一部の方には元旦に届かない場合もあるかと思いますが
どうぞご了承ください。
ありがとうございました。

■■■

◆画集【天描の世界】は、2009年4月3日より発売中。
c0084862_1224913.jpg
◎定価3,000円(税込)A4判変型/本文64ページ(全26作品収録)/上製本
ISBN978-4-88313-531-8

お求めは、個展会場はじめ
大阪梅田の◆清風堂書店◆で発売されていますので
大阪市内はじめ近郊にお住まいの方なら、店頭でのお求めをお奨めします。

【こちらでも承り中です】
遠方の方で、ご入用の方は◆こちら◆へお申込ください。
詳しいご案内をさせていただきます。
(非公開メッセージBOXですのでご安心してお問合せください)




◎画像及び掲載記事の無断転載、転用を禁じます。
[PR]
by tenbyou-world | 2010-12-27 01:07 | 第6回 天描の世界展 奈良 | Trackback | Comments(0)


万葉の花も天描の華

c0084862_9575976.jpg
会期中の朝の散歩はならまち周辺を約1時間ほど
鹿とは毎日会っていましたが
こちらは世界遺産『元興寺(がんごうじ)』の前庭に降り積もった落ち葉です。
ほんの少しですが真っ赤な紅葉も残っていました。



それでは出展の新作をご紹介します。

c0084862_101272.jpg

c0084862_1064534.jpg
【また会いましょう―名残りの桜】2010年8月作画 F3号
花が咲き、舞い散る姿に多くの人は喝采を贈るのですが
花びらがたった一枚だけになった名残りの桜に
寄り添い愛でる人でもありたいものです。
葉を茂らせ実をつけ色づき葉を落とすまで
また会えるときのために
育ちの季節をめぐっているのです。
《さくら》《冬の桜》に続く天描の桜三部作の完成です。

◎今回は歳の暮の開催でもあり、お礼状として
芳名帳に記入いただいた方にお持ち帰りいただきました。

早く描いておきたかった作品です。
この3作に託した想いはこうでしょうか
“夢や希望をもって堂々と生き、ただひたすら愛すること”

c0084862_1044927.jpg

c0084862_1075721.jpg
【詠み継ぐ春―馬酔木】2010年7月作画 F3号
早春の奈良公園。
歴史の建造物はもとより、まず目に留まるのは鹿でしょう。
そして、もう一つ目に飛び込んでくる花があります。
万葉集にも多く詠まれている《馬酔木》。
「なぜここに?」の疑問は瞬時に読み解けます。
1300年の都大路に、今もなお詠み継がれる春には
共生の歴史が色濃く浮かび上がってきます。
ただ昨今の様々な悲しい出来事を見るにつけ別なる疑問が・・・
今こそ、人の英知が語り継がれる時代かもしれません。

◎案内状やポスターで使用した作品です。

c0084862_10242029.jpg
【風光る―枝垂柳】2010年11月作画 F10号
2010年3月、岸和田城のお堀端。
垂れ下がる柳の枝に
黄緑色の若葉の先にゆれ咲く花は
やわらかな光、おだやかな水、そしてゆるやかな風の賜物か。
この日この瞬間の絵姿は―風光る。
早き春の水先案内人の本当の役割は、水辺の護岸。
土の中に堅固な根をはりめぐらせ、人と自然の共存を繋ぐ
この木ならではの強靭な意志もまた
今の世の中への大切な贈り物かもしれません。

◎《蓮》に続く10号の大作ですが
この作品もやはり3カ月の制作期間を費やしました。
不思議と描き終えたあとは充足感や脱力感など何ひとつありません。
あったとすればこのことだったと思います。
“この時代に 残したいものがあります”

c0084862_10101458.jpg
【冬衣―南京黄櫨】2010年11月作画 F3号
真っ赤な衣が舞い散る頃
はじけた殻の中から乳白色の実が顔をのぞかせます。
何回か木枯らしが通り過ぎれば
梢には降り積もる雪のような景色が現れます。
まるで厳寒の冬衣。
真っ白な実に包まれたその姿は
もうすぐやってくる旅人が羽を休ませるレストランに変わります。
人とは真逆のようにも見える自然の営みの中には
私たちが学ぶことはまだまだありそうです。

◎白い実をついばむ野鳥の姿をこの地でも眺めることができました。

天描の華を描きはじめて約5年の歳月が流れ
46作品が誕生しましたが
まだまだ私の役割は終わりそうにはありません。
あと一つ、もうひとつ・・・と



さて、回を重ねるごとに変化してきたこともいくつかあります。
その一つが来場者の世代に偏りがなくなってきたことでしょうか。
本展がめざすことの一つでもありますが
そんなお話も回顧展4でごらんいただきます。

< つづく >



【新作ポストカードプレゼント】
第6回展を記念して、先着6名の方に
新作ポストカード4点セットを年賀状にそえて進呈いたします。
◆締め切り/今日12月26日(日)です。お急ぎください。
ご希望の方は◆こちら◆へどうぞ。

■■■

◆画集【天描の世界】は、2009年4月3日より発売中。
c0084862_1224913.jpg
◎定価3,000円(税込)A4判変型/本文64ページ(全26作品収録)/上製本
ISBN978-4-88313-531-8

お求めは、個展会場はじめ
大阪梅田の◆清風堂書店◆で発売されていますので
大阪市内はじめ近郊にお住まいの方なら、店頭でのお求めをお奨めします。

【こちらでも承り中です】
遠方の方で、ご入用の方は◆こちら◆へお申込ください。
詳しいご案内をさせていただきます。
(非公開メッセージBOXですのでご安心してお問合せください)




◎画像及び掲載記事の無断転載、転用を禁じます。
[PR]
by tenbyou-world | 2010-12-26 10:12 | 第6回 天描の世界展 奈良 | Trackback | Comments(0)


個展会場の風景

c0084862_11444232.jpg
12月14日開催初日の11時を迎えました。
開場を待つように雨はあがり陽が射しはじめました。
いつもながら思うことは
さあ、どんな方と出会えるのでしょうか・・・



c0084862_11473268.jpg
天描の世界へようこそ。

c0084862_12142238.jpg
ゆっくりとご観賞ください。

c0084862_1295210.jpg
開場に入るとまずこの花が迎えてくれます。
ネットのお友だちでもあるじゅりママのKAORIさんからのお祝いです。

c0084862_121122.jpg
ギャラリートップには、この作品を展示しました。
【そのときを待つ―夏椿】

c0084862_12175728.jpg
正面奥では本展のための新作がお待ちしています。
新作の詳細は、明日の回顧展3でごらんいただきます。

c0084862_12183618.jpg
画集まえがきも展示して順路のスタートにしましたが、滞留しないよう
c0084862_12311749.jpg

c0084862_12202684.jpg
実は左右どちらからでもごらんいただける展示になっています。

c0084862_12444796.jpg
c0084862_12335424.jpg
新作【また会いましょう―名残りの桜】が加わって天描の桜は三部作に。

c0084862_12472557.jpg
c0084862_1248942.jpg
c0084862_12545088.jpg
c0084862_12491449.jpg
c0084862_1255397.jpg


c0084862_12221347.jpg
こちらは【自然からの書簡―櫨の木】と画集やポストカードなどの記念品アートショップです。



ぐるり巡った30作は、どの作品も
この奈良展のために厳選した万葉の花ならぬ天描の華です。

会期初日から来場者のとぎれることはありませんでしたが
2日目からはどんどん気温は下がり冷え込みが厳しくなってきました。

< つづく >



【新作ポストカードプレゼント】
第6回展を記念して、先着6名の方に
新作ポストカード4点セットを年賀状にそえて進呈いたします。
◆締め切り/明日12月26日(日)に延期します。
ご希望の方は◆こちら◆へどうぞ。

■■■

◆画集【天描の世界】は、2009年4月3日より発売中。
c0084862_1224913.jpg
◎定価3,000円(税込)A4判変型/本文64ページ(全26作品収録)/上製本
ISBN978-4-88313-531-8

お求めは、個展会場はじめ
大阪梅田の◆清風堂書店◆で発売されていますので
大阪市内はじめ近郊にお住まいの方なら、店頭でのお求めをお奨めします。

【こちらでも承り中です】
遠方の方で、ご入用の方は◆こちら◆へお申込ください。
詳しいご案内をさせていただきます。
(非公開メッセージBOXですのでご安心してお問合せください)




◎画像及び掲載記事の無断転載、転用を禁じます。
[PR]
by tenbyou-world | 2010-12-25 13:05 | 第6回 天描の世界展 奈良 | Trackback | Comments(1)

雨あがりの開幕

c0084862_10263081.jpg
開幕初日の朝まで雨は降り続いていました。

【第6回 天描の世界展 奈良】
◆会期/2010年12月14日(火)~12月19日(日)
◆時間/午前11時~午後6時 (最終日は午後4時まで)
◆会場/ギャラリー勇斎
〒630-8372 奈良市西寺林町22
< 入場無料 >




開催前日の12月13日午前10時に会場に到着しましたが
この頃には小雨が降り続いていました。
もちろん展示額や画集その他備品も含め6個の荷物はこの雨を避けて
12日の夜には会場に到着しています。

早速会場の設営にとりかかりますが、気になっていた会期中の気温を考え
廊下の壁面はあえて使わないで
暖かく観ていただくために部屋の中だけの展示にきりかえたため
少し予定時間をオーバーし、ようやく設営が完了したのは
午後3時少し前だったでしょうか。

c0084862_10372263.jpg
展示作品30点が居並び、さあ準備は整いました。



◆展示作品(作画順)
1 こころの舞―さくら
2 ふたたびの春―花水木
3 想いあつめて―萼紫陽花
4 凛―南天の実
5 ほほ染めて―紅葉
6 つややかなあかり―素心蝋梅
7 季節の佇まい―冬の桜
8 愛のかたち―風船葛
9 黄金のかがやき―金木犀
10 62年目の夏―折鶴と青桐
11 万葉の語り部―藤袴
12 いつも思う―母子草
13 虹の彩―花散里
14 自然からの書簡―櫨の木 ※F6
15 空高く―凌霄花
16 たわやかに―山萩
17 あなたを忘れない―紫苑
18 光と影―紫木蓮 ※F6
19 枯れてなお―あじさい
20 待ちわびて―菜の花
21 梅は梅のように―紅梅
22 不忍夏―蓮 ※F10
23 この国のかたち―露草
24 そのときを待つ―夏椿
25 旅立ちのとき―鼓草
26 ぽつり―浜梨
27 詠み継ぐ春―馬酔木
28 また会いましょう―名残りの桜
29 風光る―枝垂柳 ※F10
30 冬衣―南京黄櫨 
※印以外はすべてF3サイズです。

降り続いた雨も14日の朝にはすっかり上がり
開幕初日からは晴れた日が続きます。
ただ・・・

< つづく >



【新作ポストカードプレゼント】
第6回展を記念して、先着6名の方に
新作ポストカード4点セットを年賀状にそえて進呈いたします。
◆締め切り/明日12月25日
ご希望の方は◆こちら◆へどうぞ。

■■■

◆画集【天描の世界】は、2009年4月3日より発売中。
c0084862_1163262.jpg
◎定価3,000円(税込)A4判変型/本文64ページ(全26作品収録)/上製本
ISBN978-4-88313-531-8

お求めは、個展会場はじめ
大阪梅田の◆清風堂書店◆で発売されていますので
大阪市内はじめ近郊にお住まいの方なら、店頭でのお求めをお奨めします。

【こちらでも承り中です】
遠方の方で、ご入用の方は◆こちら◆へお申込ください。
詳しいご案内をさせていただきます。
(非公開メッセージBOXですのでご安心してお問合せください)




◎画像及び掲載記事の無断転載、転用を禁じます。
[PR]
by tenbyou-world | 2010-12-24 10:42 | 第6回 天描の世界展 奈良 | Trackback | Comments(0)

【第6回 天描の世界展 奈良】は
12月19日、大盛況の中6日間の会期を無事終了いたしました。


c0084862_855437.jpg
平城遷都1300年の古都奈良で、その年の終り月の開催にもかかわらず
今回も200名を超えるご来場をいただき
たくさんの方々と出会いお話もさせていただきました。
こころより感謝いたします。

少し身体もゆるめ、画像の整理も少しづつ進みはじめましたので
ご来場いただいた方々にはもう一度、ご来場いただけなかった全国のみなさんにも
明日からの回顧展で詳しくごらんいただきます。
どうぞお楽しみください。

年賀状の宛名書きに追われている方も多いかもしれませんが
ほんの少し手を休めてごらんいただければ幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■■■

◆画集【天描の世界】は、2009年4月3日より発売中。
c0084862_1163262.jpg
◎定価3,000円(税込)A4判変型/本文64ページ(全26作品収録)/上製本
ISBN978-4-88313-531-8

お求めは、個展会場はじめ
大阪梅田の◆清風堂書店◆で発売されていますので
大阪市内はじめ近郊にお住まいの方なら、店頭でのお求めをお奨めします。

【こちらでも承り中です】
遠方の方で、ご入用の方は◆こちら◆へお申込ください。
詳しいご案内をさせていただきます。
(非公開メッセージBOXですのでご安心してお問合せください)




◎画像及び掲載記事の無断転載、転用を禁じます。
[PR]
by tenbyou-world | 2010-12-23 09:14 | 第6回 天描の世界展 奈良 | Trackback | Comments(0)

【第6回 天描の世界展 奈良】は
12月19日、大盛況の中6日間の会期を無事終了いたしました。


c0084862_2183853.jpg
たくさんの方々のご来場をいただき
こころより御礼申し上げます。

後日、ご来場のみなさんをはじめ、ご来場いただけなかったみなさんにも
回顧展でくわしくごらんいただきますので、今しばらくお待ちください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■■■

◆画集【天描の世界】は、2009年4月3日より発売中。
c0084862_1163262.jpg
◎定価3,000円(税込)A4判変型/本文64ページ(全26作品収録)/上製本
ISBN978-4-88313-531-8

お求めは、個展会場はじめ
大阪梅田の◆清風堂書店◆で発売されていますので
大阪市内はじめ近郊にお住まいの方なら、店頭でのお求めをお奨めします。

【こちらでも承り中です】
遠方の方で、ご入用の方は◆こちら◆へお申込ください。
詳しいご案内をさせていただきます。
(非公開メッセージBOXですのでご安心してお問合せください)




◎画像及び掲載記事の無断転載、転用を禁じます。
[PR]
by tenbyou-world | 2010-12-20 23:30 | 第6回 天描の世界展 奈良 | Trackback | Comments(0)

12/10、ひと足早く荷物は出発しました。

師走に入り、気温の変化も激しくすっかり寒くなってきました。
木々の梢も冬支度をはじめたようです。

さて、荷物も送り出し、あとは13日の会場設営を待つばかりですが、
奈良地方は、9日には例年より早く初雪が観測されました。
個展会期中は”さすが奈良”と言えるような季節の中で迎えます。
何かと慌しい時期での開催となりましたが
どうぞ、暖かくしてお越しください。
四季を彩るあたたかな天描の華の数々が会場でお待ちいたします。

■■■

長谷川雅清 第6回個展【天描の世界展 奈良】
c0084862_1992644.jpg

◆12月14日(火)~12月19日(日)
11:00~18:00(最終日は16:00まで)
ギャラリー勇斎
奈良市西寺林町22 TEL.0742-31-1674
●近鉄奈良駅より徒歩8分/JR奈良駅より徒歩15分
<入場無料>

c0084862_2063890.jpg

平城遷都1300年の古都奈良の中心地「ならまち」が舞台です。
周辺には東大寺など世界文化遺産がひしめく万葉の佇まいが
いまも色濃く残っています。

会期中には、「若宮おん祭」(12/15~18)が開催されますので
電車をご利用ください。

たくさんの方とお会いできることを楽しみにしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■■■

◆画集【天描の世界】は、2009年4月3日より発売中。
c0084862_1163262.jpg
◎定価3,000円(税込)A4判変型/本文64ページ/上製本
ISBN978-4-88313-531-8

個展会場でもお求めいただけますが
大阪梅田の◆清風堂書店◆で発売されていますので
大阪市内はじめ近郊にお住まいの方には、店頭でのお求めをお奨めします。

【こちらでも承り中です】
遠方の方で、ご入用の方は◆こちら◆へお申込ください。
詳しいご案内をさせていただきます。
(非公開メッセージBOXですのでご安心してお問合せください)




◎画像及び掲載記事の無断転載、転用を禁じます。
[PR]
by tenbyou-world | 2010-12-10 23:33 | 第6回 天描の世界展 奈良 | Trackback | Comments(0)

出展作品が決まりました。
前回の札幌展以降、新たな天描の華は5作品誕生しました。
これで全46作ですが、まだまだこれから・・・が実感です。

もとより天描の華は四季折々に咲く花や草木などに姿を借りて
この時代に生きる私たちへのメッセージとして描き続けているものです。
それは、どこまでも人が人として輝いて生きることを
ただひたすら願ってのものですが
一点一点小さな点を繋ぎ重ね描いた作品は、人と人との繋がりに他なりません。
”縁(えにし)”と呼べばいいでしょうか。
回を重ねる中で、多くの方々とお話しながら、それぞれの想いを重ねて観ていただいていることを
そして、いつの間にかその想いを共有させていただいたことも数多くありました。

さて奈良展への出展は、この内の30作ですが、
今回は新作の中から一部概略をご案内したいと思います。
なお画題は、会場でごらんください。
【馬酔木】 F3号
案内状でごらんいただいたものですが、この花はこの地にとってはゆかりの深いものです。
【名残りの桜】F3号
天描の華に描く桜の3部作になります。
【枝垂柳】F10号
『蓮』に続く10号の2作目です。
完成後は、しばらくこのサイズとは間をあけたい気持ちになりましたが
この展が終わったら、おそらく次の作品にかかっているかも・・・。
【南京黄櫨】F3号
ちょうど今の時期、たくさんの方がすでに目にされている姿かもしれません。

■■■

長谷川雅清 第6回個展【天描の世界展 奈良】
c0084862_1992644.jpg

◆12月14日(火)~12月19日(日)
11:00~18:00(最終日は16:00まで)
ギャラリー勇斎
奈良市西寺林町22 TEL.0742-31-1674
●近鉄奈良駅より徒歩8分/JR奈良駅より徒歩15分
<入場無料>

c0084862_2063890.jpg

平城遷都1300年の古都奈良の中心地「ならまち」が舞台です。
周辺には東大寺など世界文化遺産がひしめく万葉の佇まいが
いまも色濃く残っています。

会期中には、「若宮おん祭」(12/15~18)が開催されますので
電車をご利用ください。

たくさんの方とお会いできることを楽しみにしています。

◆案内状ご希望の方は◆こちら◆へどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■■■

◆画集【天描の世界】は、2009年4月3日より発売中。
c0084862_1163262.jpg
◎定価3,000円(税込)A4判変型/本文64ページ/上製本
ISBN978-4-88313-531-8

個展会場でもお求めいただけますが
大阪梅田の◆清風堂書店◆で発売されていますので
大阪市内はじめ近郊にお住まいの方には、店頭でのお求めをお奨めします。

【こちらでも承り中です】
遠方の方で、ご入用の方は◆こちら◆へお申込ください。
詳しいご案内をさせていただきます。
(非公開メッセージBOXですのでご安心してお問合せください)




◎画像及び掲載記事の無断転載、転用を禁じます。
[PR]
by tenbyou-world | 2010-12-02 00:05 | 第6回 天描の世界展 奈良 | Trackback | Comments(0)

案内状の発送がはじまりました。
酷暑の記憶も覚めやらぬうちに、短い秋もあとわずかとなり
いつの間にか奈良展の開催が近づいてきています。

8月から描きはじめた新作10号の完成は、まだ数日はかかるようですが
このあとは、完成を待っていよいよ準備もはじまりまります。
もうしばらくお待ちください。

◎次回のご案内では、新作を中心に出展作の見どころをごらんいただきます。

長谷川雅清 第6回個展【天描の世界展 奈良】
c0084862_1992644.jpg

◆12月14日(火)~12月19日(日)
11:00~18:00(最終日は16:00まで)
ギャラリー勇斎
奈良市西寺林町22 TEL.0742-31-1674
●近鉄奈良駅より徒歩8分/JR奈良駅より徒歩15分
<入場無料>

c0084862_2063890.jpg

平城遷都1300年の古都奈良の中心地「ならまち」が舞台です。
周辺には東大寺など世界文化遺産がひしめく万葉の佇まいが
いまも色濃く残っています。

会期中には、「若宮おん祭」(12/15~18)が開催されますので
電車をご利用ください。

たくさんの方とお会いできることを楽しみにしています。

◆案内状ご希望の方は◆こちら◆へどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■■■

◆画集【天描の世界】は、2009年4月3日より発売中。
c0084862_1163262.jpg
◎定価3,000円(税込)A4判変型/本文64ページ/上製本
ISBN978-4-88313-531-8

個展会場でもお求めいただけますが
大阪梅田の◆清風堂書店◆で発売されていますので
大阪市内はじめ近郊にお住まいの方には、店頭でのお求めをお奨めします。

【こちらでも承り中です】
遠方の方で、ご入用の方は◆こちら◆へお申込ください。
詳しいご案内をさせていただきます。
(非公開メッセージBOXですのでご安心してお問合せください)




◎画像及び掲載記事の無断転載、転用を禁じます。
[PR]
by tenbyou-world | 2010-11-02 17:00 | 第6回 天描の世界展 奈良 | Trackback | Comments(0)