ブログトップ

天描の世界

thetenbyou.exblog.jp

大地に根ざす四季折々の花々や草木に姿を借りて、点だけで描く「こころのかたち」を天描画と呼びます。

点描の華 [1]

c0084862_9202175.jpg

こころの舞
2006年4月制作

『点描の華』第1作は、美し国日本を代表する『さくら』
春爛漫に咲き誇る様は見事の一語につきるものの、その生命の短さと散り際の哀れは人生にも喩えられます。また、厳しい冬から暖かな春を待ち望む人々のこころはこう詠んだ・・・「冬来たりなば春遠からじ、冬は必ず春となる」
万語を尽くしてもこの花は語りきれるものではないのですが、点描で描く私に映るその姿は・・・
まさしく『こころの舞』と呼ぶにふさわしいものでした。


『点描の華』シリーズ制作にあわせて、限定の落款、関防印を準備中です。

◎画像及び掲載記事の無断転載、転用を禁じます。
[PR]
by tenbyou-world | 2006-07-29 09:55 | 天描の華